鍼灸治療は続けることに意義があります

Share on Facebook
Pocket

チワワさんに鍼

最初は怖かったけど・・・

10月も半ばになって、やっと少し秋らしい天気になってきました。
今年は、本当に夏は暑いし台風はたくさん来るし、不順な天候にまいっていた方も多かったことと思います。

そんな中、長く鍼灸治療を受けていただいている方からは、「愛犬の体調がいい感じがする」「なんとなく、歩き方が変わってきた」と、嬉しい声を聞かせていただいています。

ゴールデンさんに鍼

鍼もお灸も大好き!

シニアになり、足腰が何となく不安定になってきたゴールデンさん。
もう1年以上続けていただいていますが、「去年は後ろ脚がすぐに滑って踏ん張りがきかなかったけど、鍼のおかげで力が戻ってきた気がする」と言っていただきました。

鍼治療は、この「なんとなくよくなってるような気がする」というところが、実はとても大事なんです。
目に見えた劇的な変化はなくても、気の巡りがよくなることでなんとなく体調がよくなり、食欲が戻り、歩く姿勢が変わる。

ダックスに鍼

椎間板ヘルニアの予防のために定期的な鍼。

毎日見ている飼い主さんだからこそ気づく、微細な変化。
体のどこに効くとか、どこが治るというわけではなく、なんとなく全体に体調が底上げされる感じ。

トイプードルに鍼

刺す鍼が怖い方には刺さない鍼で

さらに、ご家庭で飼い主さんがローラー鍼やお灸でケアすることが、ペットの体調を整える一番の薬になります。

百聞は一見にしかず・・・と言いますが、鍼の場合は1回試すだけではなく、何度も繰り返し受けてこそ、意義があります。

鍼はなんとなく怖い、「効く」って言われてるけど、本当にそうなの?
そんな風に思っておられる方も、ぜひ一度試してみてください。
ペットの気持ちよさそうな顔を見ているだけでも幸せな気分になれますよ!

Share on Facebook
Pocket

もし、この中のどれかがあてはまるなら・・・


  • シニアになったペットにずっと健康でいて欲しい。

  • 最近うちのペットは足腰が弱くなってきた。

  • 保護犬、保護猫を迎えたけど、どんなケアをしていけばいいだろう。

  • 世間で噂のローラー鍼やお灸に興味がある。

  • 自分のペットを楽にするために何かしてあげたい。