飼い主さん、あきらめないで!

Share on Facebook
Pocket

ヘルニアで後肢をひきずるカニンヘンちゃん

ヘルニアで後肢をひきずるカニンヘンちゃんに鍼治療

出張治療に行きました。
写真は、動物病院で軽度のヘルニアと診断されたワンちゃんです。
手術をするほどでもないが、後肢がうまく動かず引きずり歩きをすることから、飼い主さんは鍼治療を選択されました。

鍼治療は、鍼で刺激を与えることで神経を活性化させ、気の流れを整えることで体の不調を治します。
このワンちゃんも、30分の施術で後肢の動きがかなりスムーズになりました。
定期的な治療により、きっとまたもとの元気な歩行を取り戻すでしょう。

鍼治療のいいところは、治るのが脚だけではないところです。
脚の麻痺により、体の他のところに負担がかかり、肩こりや首の張りが起こります。その結果、内臓にも影響を及ぼす恐れがあります。
鍼による刺激は副作用もなく、体の調子を整えます。

動物病院では「今のところすることがない」と言われたとき、またはもう高齢だから仕方ないと思っているその症状が、鍼灸ならまだできることがあるかもしれません。
諦めず、お問い合わせください。
また、飼い主さんだからできることもたくさんあります。少しでも体調を楽に整え、豊かで穏やかな老後を過ごさせてあげましょう。

治療中、気持ちよさそうにしています。

治療中、気持ちよさそうにしています。

Share on Facebook
Pocket

もし、この中のどれかがあてはまるなら・・・


  • シニアになったペットにずっと健康でいて欲しい。

  • 最近うちのペットは足腰が弱くなってきた。

  • 保護犬、保護猫を迎えたけど、どんなケアをしていけばいいだろう。

  • 世間で噂のローラー鍼やお灸に興味がある。

  • 自分のペットを楽にするために何かしてあげたい。