慢性の腎不全です 〜 京都市のMさん

Share on Facebook
Pocket

猫にてい鍼

刺さない鍼を使います

慢性の腎不全で食欲がなく、ときどきぐったりするとのことでした。

往診に行ったこの日は比較的元気でしたが、てい鍼後は食欲が回復するとのことです。

動物病院で点滴を受けたり、腎臓の作用を高める薬を飲んだり、西洋医学による治療はもちろん大切です。
それと並行して、漢方や鍼灸など、東洋医学の治療も取り入れていただくことで、体の底力をアップすることができます。

もちろん、ご家庭でローラー鍼や恩給などをやっていただくことで、より一層の効果が得られます。

Share on Facebook
Pocket

申し込み・お問い合わせはこちら

大切なペットのために、飼い主さんの手で簡単にできるケアを学びましょう!
問い合わせだけでもオッケーですよ〜

なお、セミナーにお申し込みの際は何月何日のどこのセミナーかを明記くださいね。

鍼治療や、ペットとの暮らし方についてなど、
「どこに聞いたらいいのかわからない・・・」
そんなときは一度、お問い合わせくださいね!