FAQ

<鍼灸はどんな病気に効くのですか?>

  • 椎間板ヘルニア、腰麻痺、運動機能の低下や神経痛
  • アンチエイジング、夜鳴き
  • 皮膚疾患

そのほかにも、鍼灸は体の気の流れを整える施術なので、幅広い症状に適応します。

<鍼灸治療を行えば動物病院に行かなくてもいいのですか?>

西洋医学では、病気の原因を調べ、それに応じた治療を行います。
動物病院でなければ治らない病気はたくさんありますし、手術が必要なケースもあります。
日々の健康診断、ワクチン接種、フィラリア予防などはかかりつけの動物病院できちんと受けなければなりません。
でも、薬を飲んでもなかなか症状が改善しないときや、手術後のリハビリの一環として鍼灸による治療や自宅セラピーを試してみる価値はあります。

<刺さない鍼とはどういうものですか?>

鍼治療に使う鍼は細い金属で、皮膚から筋肉まで刺すことによって刺激を与えます。人間の場合は資格を持った鍼灸師、動物の場合は獣医師しか使うことができません。
しかし、人間の子供に使用するために体の上を転がすローラー鍼と呼ばれるタイプや、集毛鍼、てい鍼など、刺さずに皮膚の上からトントン叩いたりツボを軽く押すだけの刺激で治療するタイプの鍼があります。
セラピーにはこれらの優しい刺激により気の流れを整え、動物の心身を安定させます。

お灸も、自宅で誰もが手軽にできて、健康の維持にはとても効果の高い施術です。自宅のペットのケアに積極的に取り入れていただきたいと思います。

<しつけのアドバイスもしてもらえますか?>

当院はいわゆるドッグトレーナーではありませんので、犬の問題行動を矯正するための訓練は行いません。
ですが、飼い主さんがペットの問題行動でお困りの場合、飼い主さん側の環境を整えたり接し方を変えることで問題行動が緩和されるケースがあります。
セラピーの一環として飼い主さんがペットとより楽しく暮らすためのアドバイスを行います。