椎間板ヘルニアの手術後、歩けなかったのですが・・・福井市Oさん

Share on Facebook
Pocket

フレブルさんにてい鍼

てい鍼で張っているところをほぐします

こちらのフレブルさんは、夏に椎間板ヘルニアの手術をしたあと、後ろ脚がうまく立たなくなり、歩けなくなってしまったそうです。
飼い主さんの献身的な介護とリハビリで、足の感覚もかなり戻ってきましたが、支えて立たせてあげてもすぐに足がクロスしたように曲がってしまい、歩かせてもナックリングがひどい状態でした。

ところが、初回にてい鍼・2回目に鍼を刺してツボを刺激したところ、背中や腰の張りがほぐれ、足の踏ん張りがかなりよくなりました。
また、筋力が少し戻ってきたのか、「おしっこを我慢できるようになってきました」と嬉しいご報告をいただきました。

寝てしまったフレブル

鍼のあと、ほっこりとくつろいでいます。

飼い主さんにはお灸をお勧めし、ご家庭でもケアをしていただいています。
少しずつですが、自力で歩けるようにワンちゃんと飼い主さんのお手伝いをしていきたいと思います。

 

Share on Facebook
Pocket

もし、この中のどれかがあてはまるなら・・・


  • シニアになったペットにずっと健康でいて欲しい。

  • 最近うちのペットは足腰が弱くなってきた。

  • 保護犬、保護猫を迎えたけど、どんなケアをしていけばいいだろう。

  • 世間で噂のローラー鍼やお灸に興味がある。

  • 自分のペットを楽にするために何かしてあげたい。