リハビリとしての鍼灸

Share on Facebook
Pocket

フレブルさんお灸

あっためて、ほぐす!

こちらのフレンチブルさんは、2回の椎間板ヘルニア手術を経験したそうです。
手術はうまくいって歩くのには不自由はありませんが、やはり後ろ足の筋力が落ちてしまい、トイレでの踏ん張りなどがきつそうとのこと。
リハビリに効果があるならと、鍼灸を希望してくださいました。

フレブルさん、鍼

鍼を打っても落ち着いています。

まだ、2回しか鍼治療をしていませんが、それでも以前と比べて足の踏ん張りがよくなり、歩き方もしっかりしてきました。

椎間板ヘルニアに限らず、手術後のリハビリとして鍼灸治療はとても効果があります。
神経を刺激し、筋肉の動きをうながしますため、それが筋力のアップにもつながります。また、お灸で温めることで血行がよくなり、関節の可動をよくして体が動きやすくなります。

鍼灸治療は、動物がもともと持っている治ろうとする力を助けるものです。
現在リハビリ中のワンちゃん、手術後の歩き方が思わしくないとお考えの飼い主さん、ぜひ一度鍼灸による治療をお試しください。

 

Share on Facebook
Pocket

もし、この中のどれかがあてはまるなら・・・


  • シニアになったペットにずっと健康でいて欲しい。

  • 最近うちのペットは足腰が弱くなってきた。

  • 保護犬、保護猫を迎えたけど、どんなケアをしていけばいいだろう。

  • 世間で噂のローラー鍼やお灸に興味がある。

  • 自分のペットを楽にするために何かしてあげたい。